ちはのあしあと
フリーランスライター 森間ちは のブログです。
フリーランス

SKIMA経由でアイコンイラストを描いていただきました

SKIMAでアイコンイラスト描いてもらいました

SKIMAというサービスを経由して、お仕事用のアバターイラストを制作していただきました。
お仕事用の「顔」となるイラストを用意するのは、フリーランスとして活動し始めてからの課題の一つだったので実現できてうれしいです。
経緯などを書き留めておきたいと思います。

お仕事ツールでの「顔」が欲しい!

フリーランスとして活動するにあたって、最初に考えたのは「ペンネームで活動しよう」ということでした。

結婚で姓が変わる予定があることと、Webで記名で書くときに本名を掲載するのに少し抵抗があったことなどが主な理由です。

一方で「いかにもハンドルネームっぽい名で活動するのも仕事感がなくていやだな、普通の姓と名のあるペンネームがいいな」という気持ちもありました。

というわけで、いろいろ迷った末に「これだな」と決めたのが「森間ちは」というペンネームです。

フリーランスになってからのライターとしてのお仕事は、独立前に所属していた会社から引き続き受注している案件を除いて基本的に全部この名前で受けています。

SlackやChatworkのアイコンって「顔」なのでは?

ところで、前の会社からの案件を除いて、現在お仕事でやりとりさせていただいている方とは、ほぼ面識がありません(テレビ会議でお話しさせていただいたりはしたのですが)。

日々のやりとりは、チャットワークやSlackなどが多いです。そうするとこれらのツールのアバターってけっこう大事じゃない?と感じます。

クラウドワークスのプロフィール含め、こうしたお仕事用ツールやGoogleアカウントのアイコンは、以前別のブログ用にジェネレーターで作った画像をとりあえず使っていました。

ちなみにそのジェネレーターとは、大好きCHARATです。

とっても楽しくて好きなんですけど、人気のジェネレーターだからこその「ああ、あれだね」感があるなあと感じてました。

できればオリジナルのイラストにしたいなあとずっと思っていたんですよね。

ピンと来る絵描きさんってなかなかいないよね・・・

実は、SNSやブログ用のアイコンもオリジナルイラストにしたいなという気持ちは以前からありました。

実は昔は仕事でイラストを描いてたこともあるのだけれども……時間ばっかりかかって納得いくもの描けなそうなので「自分で描く」という選択肢はほぼありませんでした。

一方で、「この人に描いていただきたいな」という絵描きさんも思い浮かばず。お仕事でつきあいがあったイラストレーターさんはカッコイイ系の絵柄の方が多くて自分のアイコンにというイメージの方はいなかったんですよね。

ココナラのイラスト系出品とかも定期的にチェックしていたのですが、あまりピンと来なくていつも「また今度探そう」となっていました。

ココナラはイラスト系出品すごく多いけど、萌え絵というかアニメ絵がすごく多くて、それは違うなーと。萌え絵か教科書的なほのぼの絵になっちゃって、中間のニュアンスの絵の選択肢が少ないんですよね。

わたしの中では、絵柄にそこまで「これ!」という具体的なイメージはなかったのですが、少女マンガやファッションイラスト的な雰囲気、やわらかさやガーリーさ、おしゃれさなどが欲しいなあという希望があって、ピンと来る絵描きさんをずっと探していた感じでした。

SKIMA経由でアイコンイラスト依頼!

そうやって何度目かの「やっぱピンと来る人いないな~」を感じた後に、ふと、「そういえばあの方は描いてくれたりしないかしら」と思い浮かんだ絵描きさんがいました。

Picrewで画像メーカーを公開されている方です。

全然つきあいのない方だったのですが、わたしはその方の絵がすごく好きでメーカーで作ったイラストをSNSアイコンとして使わせていただいていました。

それでその方のSNSから連絡してみようかなと考えてプロフィールを見たら、SKIMAというサービスでイラストの依頼を受けていることがわかったんですよ!

SKIMAは知らなかったのですが、イラストを個人から個人へ依頼できるプラットフォームでした。コンセプトも使用感もココナラとそれほど違わない印象です。

ココナラはイラストやデザイン以外にもビジネスやIT、美容、ファッション、趣味など幅広い分野に対応していますが、SKIMAは基本的にイラストやデザインに特化しているっぽいです(今のところ)。

そんなわけで、SKIMAにユーザー登録して、お目当ての絵描きさんに「こういうものを依頼することはできますか?」とメッセージを送ってみたところ、快諾いただきました。

めちゃめちゃうれしかったです。

イラストお願いするのって難しいなと思いました

ちなみに最初の相談内容として送ったのは、使用目的(ペンネームでのプロフィールアイコンやビジネスツールのアバター全般に使用)を伝えて、こういった目的でのイラスト制作を受けてもらえるかどうかの相談のみでした。

その後、絵柄や画像の仕様(形式やサイズ)、リテイク回数などを相談のうえ決定、専用の出品を購入する形で決済、ラフ画制作からの本番イラスト制作という流れでした。

編集やディレクションの仕事をしていたこともあるので、仕事でイラストレーターさんに絵をお願いしたことは過去にもあるのですが、「コンテンツに必要なイラスト」と「アバター用イラスト」ではかなり違うなあと感じました。

そもそもわたしの頭の中に明確な完成イメージがあるわけでもなく、非常にふわっとした依頼でした。

・Picrewのメーカーのイラストと似た雰囲気で
・大人カワイイ雰囲気の女性
・ブルべ夏っぽい色づかい
・画面に対して開いた感じのポーズ(チャット用なので)
・アイコンとして小さな表示でも視認性を確保したい

このざっくりした依頼からいろいろとくみ取って感じに仕上げてくださったイラストレーターさんには本当に感謝です。

ラフ2案から1つを選んで、2回の調整の後、仕上げていただきました。

わたしが使うにはちょっと可愛らしすぎたかな……という気持ちもありますが、やっぱりこういうふわっとした雰囲気が好きすぎて、出していただいたラフから大きな調整もなしに仕上げていただきました。

まだ見慣れていないので気恥ずかしさもありますが、せっかく描いていただいたイラストなだし愛用していきたいと思ってます♡