ちはのあしあと
フリーランスライター 森間ちは のブログです。
おでかけ

ひさしぶりの旅行は熱海へ! TENSUIにお泊り、ボンボンソフトや熱海プリンも♪

熱海プリンのお店

一緒に住んでいる彼氏もわたしも旅行好きで、2人で近場のドライブ旅行などによく行きます。年に数回、ちょっと贅沢できたらいいね、と毎月2人で旅行費用を積み立てしてたりします。

3月にこのブログ立ち上げたとき、最初から忘備録っぽいものをイメージしていたので、「おでかけ」というカテゴリも作りました。でもその後、コロナ拡大で外出自粛期間が続き、最初に1記事入れて以来、まったく記事の増えないカテゴリになってたんですよね。

自粛期間中も2人で旅行費用の積み立ては続けていたので、「緊急事態宣言も解除されたことだし久しぶりにどこか出かけたいね」なんて話しておりまして、週末に思い立って熱海へ一泊旅行してきました。

そんなわけで久しぶりの「おでかけ」カテゴリ記事でございます!

お泊りしたのは「和モダンオーベルジュ 熱海TENSUI」

熱海TENSUI看板
旅行はしたいけど、やっぱこの時期、不安な気持ちもあるってものです。
宿泊先を選ぶにあたっては、以下のようなことを考えました。

  • ペンションなどは食事の際に密になりそうだから避けたほうがいいかも?
  • 逆に客室数があんまり多い宿もやめたほうがいいかも?
  • ビュッフェ形式で食事を出す宿はやめておこう

そんな感じでどこかいいとこないかなと探してみたところ、条件に合いそうな宿で当日泊まれそうなところを発見! 口コミやSNSの評判も悪くなさそうなので、ここ行こうか! とノリで決定、予約を入れました。

お泊りしたのは熱海の「和モダンオーベルジュ 熱海TENSUI」です。空いていたのが残り1室のみだったので、その和室を予約しました。

昼過ぎに埼玉を出発して、途中休憩などを入れつつ16時過ぎに熱海到着。近くのマックスバリューで伊豆の地ビールや軽いおつまみなどを購入して宿へ。駐車場は地下にあって、エレベーターで館内に直接入れる形でした。

ラウンジでチェックイン&ウェルカムサービス

熱海TENSUIエントランス
チェックインの手続きはラウンジにて。おしゃれな雰囲気のラウンジで、ダイニングも兼ねています。

ウェルカムドリンクにスパークリングワインをいただきました。ドリンクはほかにも赤白ワインやソフトドリンクもあり、チェックインから食事前までの時間帯はおかわり自由で飲めるようになっていました。

ナッツやプレッツェル、キャンディーチーズ、キューブチョコ、焼き菓子などといったおつまみやお菓子も自由にいただけるスタイル。おなかすいてなかったし、夕食の時間が近いのでチョコ一つだけいただきました。ほんとは焼き菓子食べてみたかったですけど……!

お部屋は設備面の充実が印象的!

さてお部屋へ。お部屋に行くときに色浴衣を選んで持っていくスタイルでした。Mサイズはピンクとブルーしか残ってなくてあんまり迷う余地はなかったです。ピンクを選びました。

残り1室だったので選択の余地なく普通の和室に泊まりましたが、ほかにもベッド付きの和洋室や洋室もあるみたいです。

お部屋の印象は普通。窓側が一面障子になっていて、お花が描かれてたりしてかわいい雰囲気です。

備え付けの設備はかなり気が利いていて、Bluetooth接続できるコンポやカプセル式のコーヒーメーカーが備え付けられていました。テレビも大きめの壁掛けで見やすかったです。

また、冷蔵庫に缶ビール、缶チューハイ、オレンジジュースが2本ずつサービスで入ってたのはうれしいポイントでした。オセロやトランプ、UNOが置いてあったり、カプセル式のコーヒーメーカーがあったりするのも良かったです。

部屋にはお風呂やシャワーなし、洗面所前がダウンライトのみなので化粧にはちょっと不便でした。

お風呂は小さめ、お茶やアイスのサービスあり

夕食前にお風呂へ。お風呂は脱衣場、浴場いずれもあまり広くないです。
3~4組も利用してるともう「混んでるなー」という印象になります。

洗い場はシャワーと椅子、桶が5~6組ほど。
お風呂は天然温泉で、普通の湯舟とジャグジーがついている湯舟が並び、外に露天風呂もあります。露天風呂にはデッキチェアっぽいのもありました。

アメニティは浴場にシャンプー、コンディショナーとボディシャンプー、クレンジングウォッシュあり。脱衣場の洗面所にはクレンジングオイル、オールインワンジェル、ヘアエッセンスがあった気がします。

脱衣場のドライヤーが2個しかないのもちょっと少ないなと感じました。ドライヤーはナノケアでした。

脱衣場には冷蔵庫があって、お茶やアイスが自由にいただけるようになっています。

食事は見た目もかわいい創作和食懐石

熱海TENSUIの和食懐石(酒菜)
「オーベルジュ」と名付けられている旅館なので、料理には期待してました。
見た目も素敵な料理が並んでテンション上がります。

特に最初に出されたローストビーフが美味でした。夏野菜の炊き合わせや鱧のお吸い物もおいしかったな。海の幸のイメージあるけどお造りは別に普通かなあという感じでした。

伊豆の地ビール「蒼い海」
お酒は伊豆ビールと富士山ビールを1本ずつ飲み比べできるセットをいただきました。

デザートは目の前でフランベしてくれるクレープシュゼットで、これも目にも楽しくおいしくいただきました。

クレープシュゼットのフランベ

アーケード街をお散歩、熱海プリンも買ったよ!

翌朝は雨音で目がさめるほどの雨模様。

8時から朝食をいただきます。朝食も和食でヘルシー。サバやサケなどお魚をいただけるのがうれしいですね。

熱海TENSUIの朝食

チェックアウトは11時と遅めだったので、朝食後はコーヒーを飲んだり本を読んだりとお部屋でのんびり過ごせました。

レトロ感たっぷり! 熱海の街をお散歩

晴れていたら観光スポットなど行ってみようかとも思っていたのですが、雨だったしお土産買ってゆっくり帰ろうかなということに。

そういえば前にSNSで見かけて熱海プリン気になってたんだったと思いだし、お店を調べて見に行ってみることに。

お店の前に行列はできていたけどそこまで大行列にも見えなかったので、近くにクルマをとめてお買い物がてら駅周辺を少しお散歩。

商店街はアーケードになっていたので、雨でも歩きやすかったです。観光客も結構多くてにぎわっていました。

わたしは今回初めて熱海に行ったのですが、近年は再開発&再評価が進んでいるようなことを聞いていたので、近代的な感じになってるのかななんて想像していたのですが、思っていたよりずっと昭和な雰囲気の街でした。

あと、山の斜面にたくさん旅館が並ぶ風景がリゾートっぽいなと感じたりもしました。

いちごBonBonBERRY ATAMI HOUSE.でボンボンソフト

熱海プリンのお店の手前、同じ運営会社が新しくオープンしたいちごスイーツの専門店、BonBonBERRYでソフトクリームを買って食べました。

てか、お店の前に行列ちょっとした行列できてて、最初、ここが熱海プリンの行列かと勘違いして並んだんですが……。

店内も商品もインスタ映えを意識した感じのかわいいところでした。
ソフトクリームの味はまあ普通かなあ。値段のわりにコーンが金魚すくいのアミのとこに使うみたいなやつ(ワッフルコーンじゃないやつ)なのが残念でした。インスタやってないし味がおいしいほうがいいな……。

熱海プリンは大人気でした

熱海プリンのお店

熱海プリンのお店の並びとか、レトロ感すごくて舞台セットみたいだなと思いました。
隣のお店の貼り紙に手書きで「スマートボール」って書いてあるよ!

道路を挟んだ向かい側に「熱海プリン待合所」とか書いてある待機スペースがあるのですが、そこがシャッター下りてたので、さすがにそこまで混んでないのかなと思ってお店の前に並ぼうとしたら甘かったです!

道路を挟んだ向こうにも列が続いていたのでした。
おそらく今はコロナ対策で外に並ぶようにしてるみたいですね。

とはいえ、そこまで長時間待つこともなく、5~6分待ちぐらいですぐに買うことができました。

熱海プリンのカラメルソースとだいだいソース、風呂まーじゅプリンのエスプレッソとベリーの4種類をお土産に購入。ついでに期間限定で売ってたクリームパン(プリームパン)も買っちゃいました。パッケージがレトロでかわいいです。

後は商店街で気になったお醤油を買ってみたり、家に帰っておつまみにしようと鉾八のひとくちかまぼこやたこの唐揚げせんべいを購入して帰途につきました。

やっぱり旅は楽しい! 熱海もまた行きたいな

熱海プリン4本セット

そんなこんなで帰宅してプリームパンとカラメルソースの熱海プリンをさっそく食べてみたけどおいしかったです。プリームパンはカスタードとカラメルが入ったクリームパンでした。

熱海プリンのプリームパン

久しぶりの一泊旅行でしたが、やっぱり旅で非日常を味わうのは良いものだなと改めて感じました。

今回は突発的に決めて出かけた旅だったので、熱海のこと下調べもしてなかったし、観光もなにもしなかったので、次に熱海を旅先に選ぶときはもうちょっと計画して行きたいです。